ワーキングホリデービザ代行申請専門エージェント アブロードカナダ

カナダ ワーキングホリデー パーフェクトガイド

  • HOME »
  • カナダ ワーキングホリデー パーフェクトガイド

ワーキングホリデーを思いついたあなた。
どのような手順をたどって行けばカナダでワーキングホリデー(ワーホリ)をカナダですることができるのでしょうか。
ここではワーキングホリデーに至るまでの道筋をご紹介していきます。

「ワーキングホリデー」ビザを取得しよう!

ワーキングホリデービザは1年間カナダで働いたり、語学学校で勉強したり、また、カナダ国内やアメリカ、そして南米旅行に出たりすることができるビザです。
オーストラリアのように2年目があるわけではなく、一生で1回限り1年間のみ有効なビザです。
18歳~30歳まで応募ができ、申請中に31歳を迎えた方にはビザの許可が降りませんのでご注意ください。

ビザ申請について

カナダでワーキングホリデーをするには「ビザ」が必要となります。このビザは申請しない限り、自動的にもらえるものではありません。ここでは「ビザ申請」についてご説明します。

ビザを取得するにはつ2のステップでの手続きが必要とされます。

ステップ1

👉必要なもの
「パスポート」のみ

申請は、オンラインで行います。以下にある「申請方法」を参考にプロファイルを作成してください。

申請方法 こちら
ステップ2

ステップ1の申請後、”You have been accepted to the International Experience Canada pool(s)”という『ワーホリビザの抽選の対象になった』、という通知がアカウントに届きます。
【注意】
・ワーホリビザの申請手続きは、この「抽選」に当選しない限りは先に進めません。
・抽選は毎週あるわけではありませんのでご注意が必要です。
・いつ当選するかもわかりません。
【抽選の情報】
ワーホリビザの申請状況や抽選状況(当選の確率)は こちら で確認ができます。

ステップ3

当選しますとアカウントに『Invitation To Apply (ITA)』が来ます。
確認できたら、まずご自分のアカウントを開き、「Start Application」をクリックして、申請期間を「10日」⇒「20日」にしてください。
【注意】
ステップ2のあと、何通か英文のメールがきます。また、当選しても「当選しました」というような英文のメールは来ませんので、毎回アカウントを確認するようにしてください。

👉ステップ3で必要なもの
「パスポート」の写真
「顔写真」
履歴書
申請書(家族フォーム) 書き方見本
「クレジットカード」
カードで$341の申請料を支払うことになります。

ステップ3 の 申請方法 こちら
ステップ4
(指紋認証の手続き)

ステップ3の申請が終了してから1~2日で、自分のMyCICに「Biometrics Collection Letter」が届きます。
これを印刷しておきます。次にカナダビザ申請センターに「指紋認証」の予約をし、その際に発行された「予約書」を印刷し、先ほどの書類と一緒にセンターにお持ちいただき、指紋認証の手続きを「東京」ですることになります。認証手続きは書類に記載されている期間内にしてください。

ステップ4 申請方法 こちら

その後問題がなければ~1カ月ほどで、MyCICにワーホリの許可がでます。
なお、、ワーキングホリデービザを申請した人には自動的に「eTA」がついてきます。
許可書の中に J1234567 のような番号があります。それがあなたのeTA番号です。改めて申請する必要はありません。

ワーキングホリデービザ申請代行受付中

「申請が難しい」「申請の時間がない」などの方におススメ!
失敗ナシの代行サービス。100%ビザを取ります。

カナダ行の航空券を買う

ビザの許可が出たら航空券を買います。片道航空券、往復航空券のどちらでも結構です。

 

海外保険に加入する


カナダでワーキングホリデーで滞在中には必ず「保険」に加入していることが求められます。20万、30万もする保険もあれば、空港の出発ロビーにある保険カウンターで自分に必要なものを選んで加入できる保険もあります。必ずコロナ用の保険に加入してきてください。

現地の保険
ワーホリ用の現地の保険もありますが、最高保険金額は30万ドルとなっています。カナダでは重症化していない限りは「自宅療養」のみとなります。コロナ感染=即入院ということはありませんが、できる限り30万ドルくらいの保険に入っておかれるのをおススメします。

出発前準備 すること


1,出発準備 荷造り
2,役所の手続き
3,カナダへの送金方法

出発72時間前にしなければならないこと

ArriveCan アプリに情報を入力 
こちら のサイトを参考にしてArriveCanを作成してください。

出発72時間以内にPCR検査を受けその陰性証明を入手のこと。検査場所はこちらで検索

到着後


1,空港に到着後、画像のように並んでいる端末で最初の手続きをします。日本語を選んで入力ができますのでご安心ください。入力が終了するとレシート上の紙が印刷されて出てきます。

2,入校係官にパスポート、1で印刷された用紙、ビザの許可書を出して指示に従ってください。
何しに来たか、を尋ねられますので、「Study」とか「working Holiday」と言えば、「Immigrationに行きなさい」と指示されます。

3,Immigrationのオフィスに着く前に荷物をゲットしておいてください。

4,Immigrationのオフィスでは、パスポート、ビザの許可書、入学許可書、自己隔離プランを提出して、ビザの発行をしてもらいます。

5,PCR検査等の指示があればそれに従ってください。

COVID-19 の変異種のため、入国方法が変わることが予想されますので、事前に確認をして頂きますようにお願い申し上げます。入国に関しては自己責任にてお願い申し上げます。

TEL 1-604-697-0304

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.