ワーホリの許可を持っていながら「観光ビザ」で入国をしたい人へ

ワーホリビザの許可を持っていても観光ビザで入国できます。実際にアブロードカナダを利用している人達も過去5年以上に渡って、ビザに関して問題なく入国しています。

皆さんがお持ちの書類は「ワーホリビザ」ではなく、それは「ビザ」引き換え券、とでも言えるもので、入国の際にインタビューを受けてワーホリビザを発給してもらう必要があります。

また、空港での入国方法が端末を使っての操作となりましので、より観光ビザでの入国が簡単になりました。(トロントは設置はまだのようです。)

ですから、観光ビザで入りたい人は、係官に「何しに来た」と聞かれた時、ワーホリと言う必要はありません。「観光に来た」と答えておきましょう。
※「ワーホリ」と言ったとたん、「じゃ、あっちのImmigrationに行って」と指示されてしまいます。

ポイント
ワーホリビザを許可されていても「観光ビザ」で入国ができます。「ワーホリ」と言う必要はないです。

毎回、こうした人達に「入国」についてフィードバックを取っていますが、ワーホリの許可を受けているんだよね、と係官から聞かれたことはないようです。もちろん自分からベラベラそうしたことを話せば、係官も聞く必要がでますが、、、

実際に聞かれることは、「何しに来た」とか「どこに泊まるのか」とか「英語の勉強をするのか」とかの質問です。
帰りの航空券を見せなさい、というのも、あったりなかったり。聞かれもしないのに帰りの航空券を見せる必要もないです。聞かれたことだけ答えればいいです。

入国の際の問答例
1、何をしに来たと言われれば、「観光や英語の勉強」と答え、
2、いつまでいるの、と言われれば、「6ヶ月くらい」。
3、帰りの航空券を尋ねられれば、「カナダで買う」と答える。

運悪く
4、ワーホリのビザについて聞かれれば、「観光と英語の勉強をしてから、アメリカ旅行をして、それからトロント(またはバンクーバー)に行ってそこでワーホリビザにする」

と説明してください。例えアメリカに行かなくてもアメリカ旅行をしてそれからカナダでワーホリをする、というのが「ポイント」何故なら、ビザの切り替えは一旦カナダ国外に出なければならないからです。

だいたい 2 で質問は終わりますが、念のため4まで心つもりをしておいてください。

観光ビザからワーホリへの切り替え場所
バンクーバー:電車とバスで国境に行けます。こちら を参照。
トロント:ナイアガラの滝に観光がてらに行って、そこで切り替えてくることになります。